アウシュビッツ平和博物館敷地内で平和と復興を願う…





 
ともそう!みんなのアイスキャンドル2012 開催
 
平成24年1月28(土)
 白河市白坂にあるアウシュビッツ平和博物館にて、アイスキャンドル2012が行われ、平和と共に復興を祈願したイベントが開催されました。



 この館では、ポーランドのアウシュヴィッツ収容所が解放された日(1945年1月27日)を記念して1月の最終土曜日に人々が持ち寄ったアイスキャンドルを灯して平和を願っています。
 例年はアウシュヴィッツの犠牲者とすべての戦争犠牲者を悼んで平和を願う催しですが、今年は、東日本大震災でお亡くなりになられた方々の追悼も込めて行なわれ、復興への祈願もされていました。
 



 通常は入場料を払って館内に入れるのですが、この日は無料で開放され、アウシュビッツ収容所での出来事などを物語る展示物などを拝見することが出来ました。
 訪れた人々は戦争によって翻弄されてしまう人々の尊い命の犠牲とむなしさを訴える数々の慰留品や資料などを閲覧しては、平和への思いを募らせていました。そして、2011年の3月11日に起こった東日本大震災による被災写真などを展示したコーナーなどもあり、犠牲者への哀悼の意を訴えていました。





 会場内では、寒い中を訪れた人々へミネストローネやおでん、カボチャスープや甘酒などが振る舞われ、来場した人々に暖を与えてくれました。



 訪れた人々は、原発事故が終息し、誰もが安心して暮らせる日が一刻も早く訪れることを願ってアウシュビッツ開放の記念日と重ね合わせながら祈っていました。










 


http://kennan-genki.furusatokaiki.com/